ピアノは小学1年生から中学ほどまでやっていました

ピアノは小学1年生から中学ほどまでやっていました。
音感は特別相応しい方でもなくて、却って凡庸でしたね。
出版会は幼いころにだけ出たことがあります。
いまいち弾くのがうまかったわけでもなくて平凡むき出しで、ブルグミュラーほどまでしか手引きはやっていなかった気がします。
ソナチネとかソナタとかまで、ピアノを続けていた顧客がむしろ著しいと感じます。
凄く儲けはかかったというけれども、そのわりにピアノを通してみて役にたったという感じは希薄だ。
なので、もしも自分の娘がいるとしてピアノを習いたいと言ったとしても勧めないと思います。
更に前向きな将来的に役に立つことを習ったほうがいいのではないかな、という気がしてなりません。
マイホームにはピアノがありますが、昨今は誰も弾かないまま放置されています。
元来だと数年に一回は調律してもらわなくてはいけないみたいですが、そのままになっています。
それを思うといったまさに可哀想な気がしてきますね。不動産売却一括査定