以前、カラオケ屋に行ったときのことです。そこ

以前、カラオケ屋に行ったときのことです。

そこはワン飲み物制だったので、飲料を何か一部分頼まなければなりませんでした。
何がいいかな、と思いながら飲み物計画を見ていると、飲み物の一番最後に「水(コントレックス)」という字を見つけ、なんでだか非常に心を奪われました。
周辺が普通にソフトドリンクを頼ん現れるら、私一人水を要望し、不可解がられたものです。

要望その後しばらくして、ソフトドリンクが運ばれてきました。
働き手は、お盆を台の上に置きずっとグラスをおろしていきます。
さて、気になるものは、働き手が持ってる盆に一本乗ったままのペットボトルだ。
ジッとペットボトルを凝視していた私の耳に、
「水のやつ」
という働き手の所見が聞こえ、自身は反射的に受け答えを通していました。
働き手は、自身にペットボトルを差し出すって、
「ごゆっくり何はなくとも」
という、普通に立ち去っていきました。
東京渋谷の医療脱毛クリニック

自身は渡されたペットボトルをひたすら見つめると、キャップを開けて、水を一口含みました。
その時、「ドロッ」という触感が喉を伝いました。
かなりスライムを飲み込んですようです。
後日、自身は凄まじく悔恨し、カラオケ屋で水を申し込むことはなくなりました。